ニュースキンジャパン 社会貢献活動

ニュースキンジャパン
社会貢献活動

フォース フォー グッド月間 2021 子どもも地球もみんな笑顔にするために、5つのアクションを起こしました
Article created on

フォース フォー グッド月間 2021
子どもも地球もみんな笑顔にするために、5つのアクションを起こしました

創業当時から掲げる「人々がより豊かになるための力となる(Force for Good)」という理念をより深く知っていただき、社会貢献活動について身近に感じてもらいたいと願い、6月に「フォース フォー グッド月間」を実施しました。ニュースキンの社会貢献活動に興味をもってくださった皆さん、世界の泣き顔を未来の笑顔に変えるために一緒にアクションを起こしてくださった皆さん、本当にありがとうございました! 各レポートも、ぜひご覧ください

フードドライブ

子どもたちのことを思う皆さんからの善意が、たくさん集まりました

ご家庭で眠っている食品を食の支援を必要とする人たちへ寄付する「フードドライブ」をエクスペリエンス センター全店舗と本社オフィスで実施しました。お持ちいただいた食品は、「今日食べるものがない」という不安を抱える子どもたちを少しでも減らせるよう、セカンドハーベスト・ジャパンをとおして「フード フォー キッズ」の利用者をはじめ、食べ物を必要としている人々に届けられ、「ありがとう」の笑顔に変わります。

寄付数
食料品2,186個

こんなにたくさんの食料品が集まりました。 ありがとうございます!

社会貢献活動を伝えるテレビ番組放送

未来をつくる子どもたちへの想いに、共感の声が届いています

ニュースキンの社会貢献活動を伝えるテレビ番組「笑顔のために~子どもたちへの食糧・教育支援」は、6月19日と26日2週連続TOKYO MX1で放送されました。それぞれ30分間のドキュメンタリー形式で、食糧編と教育編の二部で構成されたこの番組を通じて、私たちの強い想いを広く伝えることができました。番組の放送時間内には、ニュースキン製品のコマーシャルなども放送されました。見逃した方やもう一度見たい方は、以下のリンクからご覧ください。

【番組の動画はこちらから】
ニュースキンジャパン社会貢献活動Webサイト
公式YouTubeチャンネル
公式Instagram(IGTV)

【テレビ番組/映像に関する情報の取り扱い注意事項】
皆様がTOKYO MX1 「笑顔のために~子どもたちへの食糧・教育支援」テレビ番組/映像の情報を伝達、発信する際は、以下の注意事項を守った取り扱いにご協力くださいますよう、お願いいたします。

  1. ニュースキンジャパンが、SNS、YouTube公式チャンネル等で発信するテレビ番組に関する情報や、使用している画像・映像

    ニュースキンジャパンが発信する情報や、使用している画像・映像は、そのままリポスト、シェアすることができます。文章の抜粋、文章の加筆、画像の加工等の改変を施すことは一切できません。

    上記以外の方法でテレビ番組の画像・映像(ご自宅で録画したもの、画面のスクリーンショット等)を私的利用以外に使用することは第三者の著作権侵害にあたりますのでご注意ください。

    勧誘目的には使用できません。ニュースキンジャパンの社会貢献活動の紹介目的であれば使用することができます。
    NG例:「いいことをやっている会社で製品もいいから、この製品を買ってみない?」「一緒にビジネスをやってみようよ」といった製品購入やビジネスへの勧誘
    OK例:「ニュースキンって社会貢献活動に力を入れているんだよ」

  2. ニュースキン ビジネスは、関連法規、ブランド メンバー規約、ニュースキンジャパン ソーシャル メディア ガイドラインを厳守し、行ってください。ニュースキン ビジネスにSNSを利用する際は、利用するSNSアカウントをニュースキンジャパンに申請してください。

空き容器リサイクル プログラム

みんなでみどりの地球を未来へとつなげよう

ニュースキン製品の使用済み空き容器を回収する日本独自のリサイクル プログラムは、フォース フォー グッド月間のスタートにあわせ、6月1日から本社オフィスで社員を対象にスタート。7月1日からはエクスペリエンス センター全店舗で会員(一般)の皆さんを対象にスタートし、早くも多くの方にご協力をいただいています。大切な地球や子どもたちの明るい未来のために、大好きな製品を使い終えたら、空き容器のリサイクルにご協力ください。

回収場所:東京・横浜・名古屋・大阪・福岡エクスペリエンス センター
対象製品の空き容器をお近くのエクスペリエンス センター内の回収ボックスに入れてください。

詳しくはこちら>>

ユーザーの
フォース フォー グッド月間中に回収を始めた本社オフィスでは、たくさん空き容器が集まりました。東京エクスペリエンス センターでは、リサイクルをテーマにしたディスプレイが注目を集めていました。

エクスペリエンス センターで見て・知る
ニュースキンの社会貢献

社会貢献活動を身近に感じることから広がる、笑顔の輪

会員の皆さんからお預かりした寄付金が、「フォース フォー グッド活動」「ナリッシュ ザ チルドレン プログラム」「サステナビリティへの取り組み」を通じて、どのように役立てられているのか。世界で展開している活動も含め、ニュースキンの社会貢献活動を皆さんに知っていただくための展示コーナーをエクスペリエンス センターに設けております。
あなたの世界が広がることで、きっと笑顔の輪も広がります。

ニュースキンの社会貢献活動を多くの方々に伝え、会員をはじめとする皆さんからお預かりした寄付金がどのように役立てられているのかを実感していただくためのコーナーをエクスペリエンス センター全店舗に設けました。サステナビリティをテーマとした製品や計9種類のポスターなどを展示、会員の方はもちろん一般の方も興味をもって見てくださいました。

キッツ フォー キッズ プロジェクト

被災地の子どもたちへ、心を込めて文房具セットをつくりました

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して会員の方々の参加は見送り、今年は社員によるボランティア活動へと変更。6月21日と22日の2日間に分散し、青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県の児童養護施設 34施設の子どもたちへ贈るための文房具1,700セットを、今回参加できなかった皆さんの分も気持ちを込めて作成しました。子どもたちにもサステナビリティ(継続可能な環境)を意識して過ごしてもらうために、何度でも使い回せるオリジナルのコットン製エコバッグに、オリジナルのタンブラーと文房具6種類を詰めました。

ユーザーの

【寄贈数: 文房具セット 1,700個】
【2013年からの累計寄贈数:文房具セット27,440個】

詳しくはこちら>>

message

ニュースキンは「Force for Good」というミッションの実現を目指し、さまざまな社会貢献活動を続けています。フォース フォー グッド月間の1ヵ月間、皆さんがニュースキンの社会貢献活動に対して理解を深めたり、ご協力くださったりしたことで、たくさんの笑顔を届けることができました! 未来をつくる子どもたちと大切な地球のために、ニュースキンはこれからも、皆さんと共に豊かな未来のための支援を続けていきます。

HOW TO GIVE

ニュースキンの会員の方であれば、だれでもニュースキンジャパン Force for Good基金への寄付、ならびにナリッシュ ザ チルドレン プログラムへ参加することができます。

寄付をする