ニュースキンジャパン 社会貢献活動

ニュースキンジャパン
社会貢献活動

キッツ フォー キッズ プロジェクト 2021 東北6県の児童養護施設の子どもたちの笑顔のために、1,700個の文房具セットを届けました
Article created on

キッツ フォー キッズ プロジェクト 2021
東北6県の児童養護施設の子どもたちの笑顔のために、1,700個の文房具セットを届けました

東日本大震災 被災地に暮らす子どもたちのために、文房具セットをつくって届ける「キッツ フォー キッズ プロジェクト」。
今年は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮して会員の方々の参加は見送り、社員によるボランティア活動へと変更。密集を避けるために、6月21日と22日の2日間に分散し、青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県の児童養護施設 34施設の子どもたちへ贈るための1,700セットを作成しました。
子どもたちにもサステナビリティ(継続可能な環境)を意識して過ごしてもらうために、何度でも使い回せるオリジナルのコットン製エコバッグに、オリジナルのタンブラーと文房具6種類を詰めたギフトを贈呈。今年もたくさんの笑顔をつくることができました。ぜひ、子どもたちからの「ありがとう」も、ご覧ください!

みなさまの気持ちを込めて、1,700セットをつくりました!

子どもたちの学びが楽しくなる6種類の文房具をセレクト。また、学校や習い事にいつでも持ち歩けるオリジナル タンブラーも! これらを詰めたエコバッグはA4サイズが入るマチ付きタイプで、教科書や図工作品なども入ります!

<セット内容>
・オリジナルのコットン製エコバッグ1袋
・オリジナルのタンブラー1個
・キャンパスノート1冊
・方眼ノート1冊
・ノート付箋1冊
・フリクションペン1セット
・多機能ペン1本
・消しゴム1個

【寄贈数:文房具セット 1,700個】
【2013年からの累計寄贈数:文房具セット27,440個】

ニュースキン スタッフも心を込めてギフトづくり

社員ボランティアには、33名のスタッフが参加。換気をよくし、清潔が保たれた休憩室(本社)で、子どもたちの笑顔を思い文房具セットをつくりました。

東北6県の子どもたち&スタッフから「ありがとう」が届きました!

ギフトを受け取った青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県の児童養護施設の子どもたち&スタッフから、笑顔がぎゅっと詰まった「ありがとう」がたくさん届きました!

message 東北の児童養護施設の子どもたち

ギフトが手渡された瞬間、すべての子どもたちの瞳が輝き、満面の笑顔に! 「たくさんの文房具や水筒など、ありがとうございました」「とてもうれしかったよ、だいじにつかいます」「いっぱいつかっています。ありがとうございます」など、感謝の言葉や可愛いイラストが描かれた「ありがとう」が届きました。

message 東北の児童養護施設のスタッフの皆さん

「子どもたちは心弾ませながらギフトを手に取り『大切に使う!』と大変喜んでおります」「子どもたちにも買い物にはエコバッグを使う習慣がついております。自分専用のバッグを持つことができ、喜んでいます」「袋の中から次々ととび出すギフトに『わぁーっ』と声があがり、『びっくり箱みたい』『水筒も入ってる』『欲しかった色ペンだ』など、子どもらしい嬉しい声が聞かれました」と、子どもたちを想うあたたかい気持ちが寄せられました。

Photo Gallery

好きな製品を使って子どもたちを笑顔にしよう

2016年より、ニュースキンジャパンでは、全製品の売上利益の1%を社会貢献活動に役立てる「One for Smiles」プログラムをスタート。お気に入りの製品を使うことが、社会貢献につながります。

ニュースキンジャパンは、これからもさまざまな活動をとおして、多くの子どもたちの輝く未来と笑顔につながるためのサポートを実施してまいります。

HOW TO GIVE

ニュースキンの会員の方であれば、だれでもニュースキンジャパン Force for Good基金への寄付、ならびにナリッシュ ザ チルドレン プログラムへ参加することができます。

寄付をする