ニュースキンジャパン 社会貢献活動

ニュースキンジャパン
社会貢献活動

新しいカタチの子ども食堂「Kids Café」オープンから4年 Kids Caféからは、笑顔&喜びの声が絶えません
Article created on

新しいカタチの子ども食堂「Kids Café」オープンから4年

ニュースキンジャパンが運営をサポートしている、セカンドハーベスト・ジャパン(以下2HJ)による初めての子ども食堂「Kids Café(キッズカフェ)」が開設から4年を迎えました。

2020年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2月16日以降は活動休止を余儀なくされましたが、休止までの1ヵ月半の間に合計で226人もの子どもたちがKids Caféを利用しました。今後は必要としている子どもたちのためにも、感染状況を注視しつつ自治体と相談しながら、再開できるよう準備を行っています。

通常は、年間を通じて毎週木・金・土の運営を続け、食事を提供すると共に、子どものニーズに合わせて宿題や勉強の面倒を見る「学習支援」、また、多国籍で経験豊富なボランティアによる異文化学習や季節に合わせたイベントを行うなど、子どもたちが楽しめるさまざまな「体験・交流」プログラムを実施しています。これによりKids Caféは、年齢や国籍が異なる子どもたち同士が自然と一緒に楽しめる場となり、保護者の方にとっては子どもの成長を発見する場にもなっています。

Kids Caféオープン1年目の様子はこちら>
Kids Caféオープン2年目の様子はこちら>
Kids Caféオープン3年目の様子はこちら>
2HJスタッフによるKids Café ブログ>

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため現在は活動休止中ですが、たくさんの笑顔にまた会えますように!

Kids Café(キッズカフェ)概要

住所 : 東京都台東区浅草橋4-4-4 並河ビル1F
営業 : 毎週木、金、土 13:30〜18:00
※祝日・年末年始は休み。
※2021年4月22日現在、活動休止中。
内容 :
・軽食、おやつ、お弁当の提供
・宿題サポート、英語プログラムなどの学習支援
・さまざまな技能、資格、経験をもつボランティアによる体験、 交流イベントの実施など
利用料:  無料
最新情報はこちらでチェック!Kids Café ブログ

セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)とは

2HJ(2018年4月より認定NPO法人)は日本で初めてのフードバンクです。まだ賞味期限があるにも関わらず、さまざまな理由で売ることのできない食品を集めて、必要な方たちへお渡ししています。日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。

詳しくはこちら>
SECOND HARVEST(セカンドハーベスト・ジャパン)

現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためKids Caféは活動を休止していますが、
感染状況を注視しつつ自治体と相談しながら、再開できるよう準備を行っています。
ニュースキンジャパンは皆さまと共に、そして2HJと力を合わせ、
Kids Caféがこれからも「食」を入り口に子どもたちの成長を見守り、
支える場所となれるようサポートしてまいります。

HOW TO GIVE

ニュースキンの会員の方であれば、だれでもニュースキンジャパン Force for Good基金への寄付、ならびにナリッシュ ザ チルドレン プログラムへ参加することができます。

寄付をする