ニュースキンジャパン 社会貢献活動

ニュースキン公式サイト

ニュースキンジャパン社会貢献活動(CSR)

クリスマス ギフト プラン 2020
Article created on

クリスマス ギフト プラン 2022
宮城県の小学校と神奈川県の児童養護施設の
子どもたち1,050名へクリスマス ギフトをプレゼント!

東日本大震災の被災地支援の一環でスタートし、2022年12月の実施で11回目を迎えた本プロジェクト。今回も新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、会員の方々の参加や子どもたちを招くイベントの実施は見送り、スペシャル ゲストの浅田 舞さん(プロフィギュアスケーター)と永井 花奈さん(プロゴルファー)、そして社員による計31名のボランティアでギフトづくりを行いました(12月5日の午前と午後の2回に分散して開催)。
当日は、繰り返し使えるオリジナルのコットン製エコバッグにオリジナル タンブラーと9種類のお菓子を詰めた、子どもたちが喜ぶギフトを作成。完成した1,050セットは、学校変革プログラム「リーダー・イン・ミー*」を導入してある宮城県の小学校3校の子どもたちのほか、NPO法人セカンドハーベスト・ジャパンを通じて神奈川県にある児童養護施設 2施設の子どもたち、合計1,050名に贈られました。

*ニュースキンジャパンは2016年より、一般社団法人 The Global Leadership Impact Fund Japanが取り組む学校変革プログラム「リーダー・イン・ミー」の導入支援を継続。「リーダー・イン・ミー」とは、すべての子どもはリーダーになれるという方針のもと、『7つの習慣®』のフレームワークに基づき、自分で考え主体的に行動するリーダーシップを学校全体で育成するものです。

クリスマスギフト
クリスマスギフト

1,050個のギフトが完成!

子どもたちが大好きな9種類のお菓子をセレクト。お菓子を詰めたエコバッグはマチ付きタイプで、お弁当箱なども入るうれしいサイズです。

クリスマスギフト

クリスマス ギフト内容
・お菓子 9種類
・ニュースキン オリジナルのタンブラー
・ニュースキン オリジナルのコットン製エコバッグ

message スペシャル ゲストも子どもたちの笑顔のために!
~温かいコメントをもらいました~

今回で2回目の参加
プロダクト アンバサダー 浅田 舞さん(プロフィギュアスケーター)より

「ニュースキンで毎年実施している、子どもたちへのクリスマス ギフトをつくるボランティア活動に、今年も参加しました! たくさんのお菓子やタンブラーを受け取った子どもたちの笑顔を想像しながら、心を込めて詰めました。素敵なサプライズ プレゼントになるといいなと思っています」

クリスマスギフト

今回で7回目の参加
スポンサー契約を結ぶ、永井 花奈さん(プロゴルファー)より

「1,050人の子どもたちが、笑顔いっぱいの温かいクリスマスを過ごせることを願いながらギフトをつくりました。毎年、貴重な機会をいただき、ニュースキンと一緒に活動し続けられることに感謝しています。私もゴルフのプレーを通じて、子どもたちに夢や希望、感動を届けられるようがんばります」

クリスマスギフト

PHOTO GALLERY

好きな製品を使って子どもたちを笑顔にしよう

2016年より、ニュースキンジャパンでは、全製品の売上利益の1%を社会貢献活動に役立てる「One for Smiles」プログラムをスタート。お気に入りの製品を使うことが、社会貢献につながります。

one for smile

NPO法人セカンドハーベスト・ジャパンについてはこちら
プロダクト アンバサダー 浅田 舞さんについてはこちら
プロゴルファー 永井 花奈 選手についてはこちら

ニュースキンジャパンは、これからもさまざまな活動をとおして、多くの子どもたちの輝く未来と笑顔につながるためのサポートを実施してまいります。

HOW TO GIVE

ニュースキンの会員の方であれば、だれでもニュースキンジャパン Force for Good基金への寄付、ならびにナリッシュ ザ チルドレン プログラムへ参加することができます。

寄付をする