ニュースキンジャパン 社会貢献活動

ニュースキンジャパン
社会貢献活動

病院で過ごす子どもたちにイルミネーションで癒しを mudefを通じて「アイノカタチ基金」支援へ300万円を寄付しました
Article created on

病院で過ごす子どもたちにイルミネーションで癒しを
mudefを通じて「アイノカタチ基金」支援へ300万円を寄付しました

ニュースキンでは、未来の日本を支える子どもたちへの取り組みの一つとして、国立成育医療研究センターでの冬季イルミネーションを実施するため、一般財団法人mudef(ミューデフ)を通じて「アイノカタチ基金(成育基金)」への支援を行いました。

ユーザーの
「アイノカタチ基金」は、国立成育医療研究センターが、小児がんをはじめとする小児希少・難治性疾患の調査・研究や新生児・小児の子どもたちの療養環境・医療機器の整備、そして次世代の成育医療を担う医療従事者の教育・研修に使われる基金です。mudefは、著名アーティストと共にロゴマーク公募企画を主催するなど、さまざまなプロジェクトを展開しながら基金を支援しています。

国立成育医療研究センターでは新型コロナウイルス感染症の影響により、面会や病棟内でのイベントなどが制限されています。そんな子どもたちの精神的な不安を軽減できるよう、院内にいながら楽しめる「冬季イルミネーション」が2021年11月から2022年1月まで実施されました。少しでも子どもたちの心を明るくしたいという想いから、「アイノカタチ基金」で実施されるこの取り組みに対しニュースキンはmudefと共に支援を行い、300万円を寄付しました。

子どもたちが院内にいながら楽しめる「冬季イルミネーション」

クリスマスギフト
クリスマスギフト

心和む暖かい光が病棟全体を照らす

クリスマスギフト
クリスマスギフト

イルミネーションでクリスマス気分

クリスマスギフト
クリスマスギフト

子どもたちの心に光と笑顔を


ニュースキンとForce for Goodのロゴが掲載されたパネル

国立成育医療研究センター 賀藤 均 病院長とニュースキンジャパン社長 小林

子どもたちから、たくさんのありがとうが届きました

Thank You from子どもたち&ご家族

キッチンに買い置きしていたものが意外に多くびっくりしました。フードドライブがきっかけで、防災グッズに入っていた食品の見直しもでき、この活動がもっと広がればいいなと思いました。私自身もできることから始めようと、あらためて感じるよい機会になりました。ありがとうございます。 「もったいないをありがとうに変える」というコンセプトに感銘を受けました。身近にあるものが人のためになるだなんて……とても嬉しく思います!
お腹一杯になってほしくて、今回参加いたしました。今後も、必要とされる物があれば寄付したいと思います。私にできることがあれば頑張ります。 周りには、Force for Goodに興味はあるけど、いつどんなカタチで参加すればよいのか、いまいち分からないという方々がたくさんいます。フードドライブは、ニュースキンを知っている・知らないに関わらずみんなが参加できるよい活動ですね。

Thank You from子どもたち&ご家族

キッチンに買い置きしていたものが意外に多くびっくりしました。フードドライブがきっかけで、防災グッズに入っていた食品の見直しもでき、この活動がもっと広がればいいなと思いました。私自身もできることから始めようと、あらためて感じるよい機会になりました。ありがとうございます。 「もったいないをありがとうに変える」というコンセプトに感銘を受けました。身近にあるものが人のためになるだなんて……とても嬉しく思います! お腹一杯になってほしくて、今回参加いたしました。今後も、必要とされる物があれば寄付したいと思います。私にできることがあれば頑張ります。
周りには、Force for Goodに興味はあるけど、いつどんなカタチで参加すればよいのか、いまいち分からないという方々がたくさんいます。フードドライブは、ニュースキンを知っている・知らないに関わらずみんなが参加できるよい活動ですね。 自分にもできることだったので、来年は友人にも協力してもらいます。ぜひ継続してほしいです。

mudefについて

mudefは、⾳楽とアートの⼒でより良い世界の構築を⽬指し、子どもたちや未来の地球のために、さまざまな社会貢献活動を⾏っています。ニュースキンはそんな活動趣旨や、子どもたちへの支援の必要性に賛同し、2018年と2019年に、mudefが支援する「Project Magoso」へ、子どもたちの教科書や給食支援のために寄付を行いました。

一般財団法人mudefについてはこちら>mudef | Music Design Foundation

ニュースキンジャパンは、これからもさまざまな活動をとおして、多くの子どもたちの輝く未来と笑顔につながるサポートを実施してまいります。

子どもたちの色紙

国立成育医療研究センター 賀藤 均 病院長より感謝状をいただきました

HOW TO GIVE

ニュースキンの会員の方であれば、だれでもニュースキンジャパン Force for Good基金への寄付、ならびにナリッシュ ザ チルドレン プログラムへ参加することができます。

寄付をする